鳥取県アルコール健康障害支援拠点機関 渡辺病院

「自分は大丈夫」と思っていませんか。多量の飲酒が長期的に続くと、知らないうちにアルコール依存になっている場合があります。セルフチェックであなたの飲酒習慣を見直しましょう。

 

あなたの飲み方、大丈夫?<CAGEケージ質問票>

こちらの質問票で、アルコール依存症の可能性を判定いたします。

CAGE質問票(あなたが該当する質問を数えてください。)

  1. 1あなたは、自分の酒量を減らさないといけないと感じたことがありますか?
  2. 2他の人に自分の飲酒について非難され、気にさわったことがありますか?
  3. 3自分の飲酒について、よくないと感じたり、罪悪感を持ったことがありますか?
  4. 4神経を落ち着かせ、または二日酔いを治すために、迎え酒をしたことがありますか?
!

1つでも該当すれば「危険な飲酒」であり、節酒の取組みが必要です。
2つ以上該当する場合は、アルコール依存症の疑いがあります。

飲酒習慣スクリーニングテスト <AUDITオーディット質問票>

AUDITは、WHOが問題飲酒を早期に発見する目的で作成したもので、世界でもっともよく使われています。
あなたに飲酒習慣がある場合、飲酒問題の重症度を判定します。

AUDIT

1. あなたはアルコール含有飲料(お酒)をどのくらいの頻度で飲みますか?

2. 飲酒するときには通常どのくらいの量を飲みますか?
(純アルコール量に換算したドリンク数で答えてください。値は近いものを選択ください。)

(注)
○ 1ドリンクは純アルコール量が10グラムであり、ビールロング缶の半分(250mL)、日本酒0.5合、焼酎(25度)50mLに相当します。また、ビールロング缶3本と焼酎を100mL飲んだ場合は、合わせて8ドリンクです。
○ ドリンク数の近いものを選んでください。

※後述する「純アルコール量の計算は?」で、純アルコール量の計算式を紹介します。

3. 純アルコール量に換算して、1度に6ドリンク以上飲酒することがどのくらいの頻度でありますか?

(注)「6ドリンク」とは、ビールだとロング缶3本、日本酒だと3合、焼酎(25度)だと1.7合(300mL)に相当します。

4. 過去1年間に、飲み始めると止められなくなったことが、どのくらいの頻度でありましたか?

5. 過去1年間に、普通だと行えることを飲酒していたためにできなかったことが、どのくらいの頻度でありましたか?

6. 過去1年間に、深酒のあと体調を整えるために、朝迎え酒をせねばならなかったことが、どのくらいの頻度でありましたか?

7. 過去1年間に、飲酒したあとに罪悪感や自責の念にかられたことが、どのくらいの頻度でありましたか?

8. 過去1年間に、飲酒のために前夜の出来事を思い出せなかったことが、どのくらいの頻度でありましたか?

9. 飲酒した際に、あなた自身がけがをしたり、あるいは他の誰かにけがを負わせたことがありますか?

10. 肉親や親戚、友人、医師、あるいは他の健康管理にたずさわる人が、あなたの飲酒について心配したり、飲酒量を減らすように勧めたりしたことがありますか?

あなたのAUDIT点数

合計 / 40点

AUDIT合計点数から以下の評価となります。

~AUDIT評価(飲酒者の塔)~

~AUDIT評価(飲酒者の塔)~

あなたは、AUDITによる評価では何点でしたか?

AUDIT 10点以上の方では、今後アルコールによる健康被害が起こる可能性が高いと思われます。またAUDIT 10点以上で、すでに肝障害や糖尿病、高血圧、高脂血症といった病気をお持ちの方は、飲酒が病気の原因となっている可能性があります。さらにAUDIT 20点以上では、アルコール依存症が疑われ、専門医受診や断酒が必要となります。

(注)最初の3項目をAUDIT-C(簡易版)として使い、男性5点以上、女性4点以上の場合には、「問題あり」と判定します。そして医師、保健師、管理栄養士等の保健指導従事者は、危険な飲酒や有害な飲酒に対するスクリーニングとして、AUDITを活用できます。飲酒量を減らす減酒支援(brief intervention)により、対象者自らが減酒目標を立て、飲酒日記をつけて減酒に取組むことができます。酒量が減りその効果は比較的長く続きます。


※厚生労働省科学研究費補助金 循環器疾患・糖尿病等生活習慣病総合研究事業「わが国における飲酒の実態把握およびアルコールに関連する生活習慣病とその対策に関する総合研究」(研究代表者:樋口 進 国立病院機構久里浜医療センター病院長)を参照し作成。

1日あたりのアルコール摂取量は、20グラム=2ドリンクまで!

通常、純アルコール量はグラム(g)で表されます。近年、1ドリンクが約10グラムという基準量が提案され、使用されています。缶ビール(500mL)には 2ドリンクのアルコールを含みます。
1ドリンクは純アルコール換算で10グラムです。

「節度ある適度な飲酒」とは?

 

1日あたりのアルコール摂取量

純アルコール量の計算は?

アルコール飲料に含まれるアルコールの量(グラム)は
「アルコール飲料の量(mL)×アルコール濃度(度数または%÷100)×アルコール比重(0.8)」
で求められます。

純アルコール量の計算は?