HOME > 依存症(アディクション)を理解する > ギャンブル依存症等

プロセス依存(行為に対する依存)の代表的な例としてギャンブル依存症スマホ・ネット依存症が挙げられます。それぞれの依存症を詳しく見てみましょう。

ギャンブル依存症

ギャンブル障害とは

ギャンブル依存症の精神疾患名を「ギャンブル障害」と言います。以下に挙げた条件と項目に当てはまる場合、ギャンブル障害の疑いがあります。

【条件】

■臨床的に意味のある機能障害または苦痛を引き起こすに至る持続的かつ反復性の問題賭博行動
+以下の項目に過去12か月間に4つ以上当てはまる
+その賭博行動は、躁病エピソードではうまく説明されない

※躁病…気分が高揚し、多弁で活動的な状態が続く精神疾患のこと

  1. 1興奮を得たいために、掛け金の額を増やして賭博をする
  2. 2中断したり、中止したりすると落ち着かなくなる、いらだつ
  3. 3制限する、減らす、中止するなどの努力をくり返し成功しなかった
  4. 4しばしば賭博に心を奪われている
  5. 5苦痛の気分(無気力、罪悪感等)の時に、賭博することが多い
  6. 6失った金を“深追い”する
  7. 7賭博へののめり込みを隠すために、嘘をつく
  8. 8重要な人間関係、仕事、教育等を危険にさらす
  9. 9絶望的な状況を免れるため、他人に金を出してもらうよう頼む

※「精神疾患の診断と統計マニュアル 第5版(Diagnostic and Statistical Manual of Mental Disorders: DSM-5 )」 (2013年発行:アメリカ精神医学会)を参照し作成。

ギャンブル依存症の症状と進行過程

ギャンブル依存症の症状と進行過程

ギャンブルに依存していませんか?<SOGSテスト>

ギャンブル依存症の診断基準として、SOGS(South Oaks Gambling Screen)というスクリーニングテストが作成されました。
ギャンブルに依存していないか診断してみましょう。

SOGS(South Oaks Gambling Screen)

1. ギャンブルで負けたときに、負けた分を取り返そうとして別の日にまたギャンブルをしましたか?
2. ギャンブルで負けたときも、勝っていると嘘をついたことがありますか?
3. ギャンブルのために何か問題が生じたことがありますか?

4. 自分がしようと思った以上にギャンブルにはまったことがありますか?
5. ギャンブルのために人から非難を受けたことがありますか?
6. 自分のギャンブル癖やその結果生じた事柄に対して、悪いなと感じたことがありますか?
7. ギャンブルをやめようと思っても、不可能だと感じたことがありますか?
8. ギャンブルの証拠となる券などを、家族の目に触れぬように隠したことがありますか?
9. ギャンブルに使うお金に関して、家族と口論になったことがありますか?
10. 借りたお金をギャンブルに使ってしまい、返せなくなったことがありますか?
11. ギャンブルのために、仕事や学業をさぼったことがありますか?
12. ギャンブルに使うお金はどのようにして作りましたか?またどのようにして借金をしましたか?
(当てはまるもの全てにチェック)

あなたのSOGS点数

合計 / 20点

3~4点… 将来ギャンブル依存症になる危険性が高いです
5点以上… ギャンブル依存症の疑いがあります。

※「ギャンブル依存症とたたかう,36-38,2004.」(著者:箒木蓬生)を参照し作成。

ギャンブル依存症×LINEサービス

LINEを活用したギャンブル依存症問題に関する啓発サービスも開始されています。こちらも活用してみましょう。

ギャンブル依存症から抜け出すには

ギャンブルに夢中になってしまうと、快感を得るために様々な価値を壊し始めます。すると、次第に社会での自分の居場所を見失っていき、追い込まれることでようやく回復が始まります。

回復支援や治療を行う側としては、「何に困っているかを聞く」ことが大切です。具体的にはごく一般的な相談対応やハーム・リダクション概念の理解をすることが挙げられます。

依存症のことでお困りの方、あるいは「もしかしたら依存症(アディクション)かも」と
不安を感じている方は、早めに相談してみましょう!

相談窓口

スマホ・ネット依存症

ネットのやりすぎは依存症という病気

メールが来たらすぐに返信できるようにと、ケータイやスマホ、パソコンを四六時中閲覧していませんか?やめなければならないとわかっていても、嘘をついてでも、家族が怒っても、画面を見続けていたら、それはネット依存症かもしれません。

ネット使用が直接の原因ではなくても、自殺やロングフライト血栓症(エコノミークラス症候群)など、生命の危機に影響を及ぼすこともあります。過去にはネット使用が原因で母親が子供を放置して死亡させた事例もありました。

ネット依存症になると、リアルがなくなり、バーチャルの世界がすべてになります。ここで言うリアルとは、現実の世界のことを言い、バーチャルとは、ネット上の仮想世界のことを指します。

また、ネット依存症と類似してスマホ依存症やゲーム依存症も大きな問題となっています。

2つのネット依存症タイプ

ネット依存症は2種類に分類することができます。韓国の精神科医キム教授は、1つはストレス解消や達成感を得るための「動機づけによる分類」、もう1つは喜びを得たい、友達をつくりたいといった「報酬に関する分類」の2種類に分類しました。これらの分類が、ネット依存症に陥る原因に深くかかわってくるのです。

2つのネット依存症タイプ

依存症のことでお困りの方、あるいは「もしかしたら依存症(アディクション)かも」と
不安を感じている方は、早めに相談してみましょう!

相談窓口
ページ上部に戻る